不要になったら売却するのが良い方法

車を売却する際にはどのような税金が発生するの?

>

所得税を支払う人の条件

売却した時の価格に注目

車を購入した時の価格が、車を売却した時の価格を下回った時に所得税が発生します。
安い価格で買い取ってもらった場合は、所得税は必要ないので安心してください。
またレジャー用の車にだけ、所得税が発生する決まりになっています。
通勤や通学、買い物のために車を所有していた人が多いでしょう。
そのような人は、車が購入した時より高く売れても、所得税を納めなくて良いと覚えておきましょう。

レジャー用の車でも、50万円までは控除されます。
売った時の価格と、購入した時の価格の差が50万円以下であれば、所得税を支払う必要はありません。
ですから、車を売却して所得税を支払うケースはあまり見られません。
特に気にしなくて良い部分だと思います。

所得税が発生するケース

プレミア価格が付く車をレジャー用に使っていて、それを売りたいという時に所得税が掛かります。
かなり昔に販売されていた珍しい車は、プレミア価格がつく可能性があります。
仮に100万円で購入した車が、プレミア価格がついて300万円で売れたとします。
その場合は300万円から100万円を引いて、さらに控除額の50万円を引いた金額が所得税の対象になります。
つまり150万円ですね。

そのように、所得税の計算をすると覚えておきましょう。
自分では高額な車ではないと思っていても、専門家の目から見れば非常に珍しい車で、プレミア価格がつくかもしれません。
将来車を売ることを考えているなら、プレミア価格がつきそうな車は避けた方が良いですね。