不要になったら売却するのが良い方法

車を売却する際にはどのような税金が発生するの?

>

買い取った側が消費税を支払う

買い取った側が支払う

買い取った側は、消費税を支払わなければいけません。
しかし業者に売った場合は、売った側がお金を得られます。
得たお金の中に消費税が含まれています。
ですから、バラバラに消費税だけ受け取ると言うことはありません。
売る側にとっては気にしなくて良い部分ですが、一応覚えておきましょう。
悪質な業者の場合は、こちらに消費税を支払う義務があると言って支払わせるかもしれません。

そのようなことを言われたら、悪質な経営をしているので車の売却をキャンセルしてください。
良い業者か見極めるため、税金に関する知識を持っていた方が良いです。
知識を持っていないと、言われるまま無駄な税金を支払ってしまいます。
そのようなことが起きないよう、勉強しましょう。

業者だけが対象になる税金

消費税は、車を買い取った業者が支払いの対象になっています。
車をオークションで売る人がいるでしょう。
その際は個人同士のやり取りになるので、消費税は発生しません。
また知り合いが車を欲しがっているので、安く売ることがあると思います。
その時も個人と個人の取引になるので、消費税は必要ありません。
消費税が発生するのは、個人と業者がやり取りをしていた時だけです。

そのことも踏まえて、自分がどの方法で車を売却するのか決めてください。
オークションなどは、手続きが簡単なので早く売りたい時に向いていると言われます。
しかし個人同士が関わるので、トラブルが起こりやすいので注意しながら使ってください。
トラブルの対応を知ると安心です。